キッチンリフォーム

N邸トータル・デザインリフォーム

今回のお客様は、30代ご夫婦の3人家族N様。

計画物件は、築年数40年以上のRC工法マンション。

設備の老朽化、間取りの使いづらさを改善するためにリフォームを検討。

約2カ月の工事期間を経て、N様お好みのインテリアと家としての機能性をアップして快適な暮らしを実現しました。

【家の中心にあった暗いキッチンを、
リビングに面するオープンキッチンへ。】
今までの間取りでは、個室を窓際にとるために家の中心にあったキッチン。
自然採光はほとんど入ってこない暗いキッチンでした。
個室を取っ払い、大きくリビングダイニングをとり、
家族のだんらんを楽しめるオープンキッチンにしました。

【コンテンポラリーに、アクセント。】
インテリアで大きな面積をとる天井・壁・床の仕上げをほとんど飽きのこないシンプルなダークブラウンとホワイトでまとめました。
その中に、アクセントとして、輸入壁紙やいすの張り地、また北欧デザインの照明器具を取り入れ、
シンプルさの中に色や形でやわらかさを取り込んでいます。

近くを電車が走る環境や断熱性の悪いアルミサッシを踏まえ、2重サッシへ。
防音・断熱効果だけでなく古いサッシの桟も目立たなくなったので、一石三鳥です。

以前和室だった部分を撤去して広いリビングに。
水廻りを大きくしたために、小さくなった部屋は、
リビングの一角のスペースとし、
将来的に区切れるようにしています。

以前狭く暗かった玄関を少し広げた上に、ミラー(写真:右脇)をつけることで広がり感を演出しました。
暗い印象は白色の強いライトで一新。
加えて、N様が希望されたギリシャ神殿の柱をモチーフにした輸入壁紙と大理石調タイルが
エレガントな印象を醸し出しています。

トイレは設備も節水モードのあるタイプに変更。
シンプルですが、背面のみダークグレーベースのダマスク模様が施された輸入壁紙をはることで、
奥行き感を出し、同時に洗練されたスタイルも演出しています。

 >  N邸トータル・デザインリフォーム

ページトップへ
オンライン打ち合わせ対応